不動産売却のコツと買取保証制度がある無料査定

Tips on selling real estate.

目次

  1. 不動産売却のコツ
  2. ノムコムの無料査定の買取保証
  3. 不動産売却時にかかる費用
  4. 不動産Q&A

不動産を売却するときのコツのご紹介と「買取保証つきのノムコムの不動産無料査定」のご案内するページです。

不動産売却のコツ

部屋や庭、バルコニーなどをきれいにしておく

 購入希望者によい印象を与えることが必要です。空き部屋であれば、きれいにクリーニング(掃除)しておくことが望ましいです。部屋、庭、バルコニー、ポーチなど。特に、水回り(台所、風呂、トイレなど)はきれいにしておきましょう。また、まだ居住中であれば、片付け・整理整頓をしておき、きれいに使っていることを分かってもらうようにしましょう。

部屋を明るくしておく

 購入希望者の内覧時ですが、カーテンやブランドを開けておき、なるべく部屋内を明るくしておいた方がよいでしょう。必要であれば、日中でも照明なども付けておく方がよいでしょう。

 東向きのお部屋であれば午前中に、西向きのお部屋であれば午後に見て頂くとよい印象を与えられるでしょう。スリッパなどもきちんと用意しておくことも必要です。

見ただけでは分からない設備は積極的に伝える

 購入希望者の目に着きづらい床暖房や、複層ガラス、エコキュートなどエコ設備、その他の購入希望者にメリットのある設備は積極的にアピールしましょう。「床暖房がついているんだあ!」、「それも置いていってくれるの」など、購入者も前向きになってくれることでしょう。

土地勘のない購入希望者

 遠方から住替えを希望している購入希望者などには、周辺の状況を分かり易く説明します。相手の家族構成(お住まいになる方)を聴き、アピールポイントを選択し積極的に伝えます。学校や病院、スーパーやホームセンター、薬局、官公庁、公園など。

マイナス面について

 ペットを飼っていたり、タバコをお部屋で吸っていたお家では、匂いが気になると思います。さりげなく消臭剤などで対策を打っておきましょう。

 お風呂や台所の目立つカビなどもカビキラーなどできれいにしておいた方よいでしょう。故障箇所や破損箇所は正直に伝えます。知っていて伝えない場合は大問題に発展しかねません。

 逆にここが「壊れている」などと積極的に伝えた方が、信頼関係が成り立ちます。査定する際はその金額を考慮して査定するはずなので、その分は「考慮して売却価格を決めてます」と伝えると良いでしょう。

ネットなどで情報収集をしておく

 現在は、インターネットである程度のことが分かります。ざっくりで構いませんので予め相場などを調べておくことをお勧め致します。

細かいことは営業マンへ聞く

 不動産売却をした事のない方にとっては、分かりづらい面が多いのではないでしょうか?そんなときは、営業マンに細かく聞いて納得されていきながら査定売却に向けてお話を進めていくことをお勧め致します。

できれば買取保証のある不動産屋さんを選ぶ

 通常は、不動産を売却するには、不動産会社に売却を依頼しますが、できれば買取保証制度がある不動産会社に査定を依頼することをお勧めします。その中で、お勧めしたい不動産会社の査定は大手不動産会社の野村不動産アーバンネット株式会社です。こちらでは、王手であり買取保証制度があるので安心して売却依頼ができると思います。


出典:ノムコムの不動産無料査定

ノムコムの不動産無料査定は、「野村不動産アーバンネット株式会社」の運営する査定サイトです。

 買取保証がない場合、売れ残ってしまっても買主が出現するまで待たなくてはなりません。また、早く売却したい場合、価格調整していく必要もあるでしょう。そのような場合にはやっぱり買取保証が付いていた方がよいでしょう。

ノムコムの無料査定の買取保証

買取保証があるとないとの違い

 通常不動産は、不動産屋さんが間に入って仲介してもらう個人売買が多いです。それは、不動産会社に買取してもらえる金額より、仲介してもらい売りに出した方が、高く売れる可能性があるからです。不動産屋さんが買い取りとなると、リスクや利益などが考慮されるので市場価格より下回った金額での買取が見込まれます。

不動産仲介のイラスト
不動産仲介のイメージです。



不動産仲介のイラスト
不動産買取のイメージです。

 しかし、ノムコムの無料査定の買取保証制度を利用すれば、なんと査定額の90%を上限として買取を行ってもらえます。この割合は無視できません。当初は仲介仲介してもらうことで売りに出してもらい、一定期間までに売れなかった場合には「ノムコムの無料査定を運営している野村不動産アーバンネット株式会社」に買い取ってもらうということで売却できます。

 そして、買い取ってもらう場合は「仲介ではない」ので、仲介してもらう際に発生する仲介手数料がないのも嬉しいです。

 買取保証がない不動産会社に頼んだ場合は、万が一、なかなか買い手が見つからなかった場合は、売却活動の期間(売りに出す期間)が長くなります。その際、住宅ローンの返済や「住替え」をお考えだった場合には、新居もいつまでも決めることができないでしょう。

不動産売却時にかかる費用

 不動産を売却する際も諸費用がかかります。ご参考にしていただければ幸いです。

 個人売買では、不動産会社に売却を依頼しますが、その際は仲介手数料がかかります。買取の場合は生じません。仲介手数料の算出方法は、売却価格(査定額ではない、実際の売買価格)が400万円以上でしたら、(売却価格)×3%+6万円の額に消費税(8%)が上乗せされる額です。売却価格が200万円未満の場合は(売却価格)×5%の額に消費税(8%)が上乗せされる額、売却価格が200万円以上400万円未満の場合は、(売却価格)×4%+2万円の額に消費税(8%)が上乗せされる額です。

 登記費用は、抵当権抹消の手続きを司法書士の先生に依頼する場合です。登記費用は、先生への代行してもらう報酬を含めて2万円前後でしょうか。所有権移転登記は、業界の慣行から購入者が支払うことが殆どです。

 不動産売買契約書に張付ける印紙代は、平成32年3月31日までは軽減税率が適用されます。(下記画像でいう「軽減税率」の列です。それ以降は、この制度が継続されない限り「本則税率」に戻ります。)


出典:国税庁

 譲渡所得税とは、正式には「譲渡所得に対する税金」です。単純に申しますと、売却する不動産が、取得(購入)した金額よりも高く売却できた場合に発生する税金です。自宅の売却益には特別な措置が施されるので、ほとんどはかからないようになっていますが、査定の際には依頼する不動産会社に相談してみましょう。

不動産Q&A

Q1.住宅ローンが途中でも売却はできるの?

 はい、できます。ただし、決済日(売却した代金の受取と鍵の引渡しの日)までには全額返済する必要がございます。返済は、受け取る売却代金にて充当することも可能です。足らない場合は、フリーローンなどで不足分を補う必要があります。

 買換えの場合「ノムコムの無料査定」を利用すれば、売却する不動産の売買契約が済んでいれば、つなぎローンが組めるので便利です。

Q2.買取と仲介との違いは何ですか?

 不動産を売却する場合、大きく分けると二つに分かれます。①不動産が直接売却したい人から買い取る場合(買取)と、②売りに出して個人売買を仲介する場合です(仲介)。①よりも②の方が売却価格は一般的に高いです。

 「ノムコムの無料査定」では、ある一定期間までは、仲介という意味で売りに出し個人売買を成立する努力をします。そして、ある一定期間まで売れない場合に最高で査定額の90%で買取をしてくれるサービスがあります。

買取保証あり「ノムコムの不動産無料査定」はこちら

(↓)買取保証あり!ノムコムの不動産無料査定はこちら(↓)

(↑)無料査定です、査定して価格を把握し売却を検討しましょう。(↑)




>>>目次へ戻る<<<