今後の私の食事管理


今回のテーマは、「今後の私の食事管理」です。

手術をしたので、世界が変わりました。
(参考:手術後に世界が変わった)

脂肪燃焼をするような運動は、1年くらい駄目です。このままでは、私は太ってしまいます。食べることが生きがいでした。また、たくさん好きなものを食べるためにジョギングをしておりました。
(参考:ジョギングが出来なくなった日から)

これからは、しっかり食事管理をしていかなくてはなりません。

主に、

      @体重を増やさないように、量とバランスを考慮。
      A手術後も(以前から)貧血状態なので鉄分をとっていくこと。
      B骨を丈夫に固めるためカルシウムを多くとっていくこと。


です。

今までは、スナック菓子を週に3袋(たまに煎餅)、甘いスイーツ(種類は問いません)を3日に2、3個、駄菓子少々、おつまみ系も週に1袋(甘じょっぱいもの)などなどを習慣的に食べておりました。(癒されますし、おいしいからです)

これを、3食(1回当たりの量は少し多めです)の他に食べていたので、仕事も出て行けない、ジョギングできない、ほとんど寝転んでいる状態が引き続き続くなどを考えると、このままでは、体重は、わが人生史上最高をマークすることは明らかでしょう。

それを防ぐために、多めに取らなくてはならない上記A、Bを考えつつ、量をセーブしていかなくてはなりません。そこで以下の工夫を駆使して実現していきたいと思っております。

A・スナック菓子は、リンという物質が多く含まれており、これがどうもカルシウムの吸収の妨げになるという知識。(インターネットで調べました)

B・貧血で倒れたら大変、転倒厳禁なので。

C・病院食の経験。

D・手術用にオーダーメイドしたコルセットをぎっちり締めて食事をする。

少々掘り下げご説明しますと・・・

Aは、カルシウム不足で骨が固まらない、丈夫でなくなるのは、正直怖いです。(骨折やねじ外れ、再手術)肝に銘じられます。もう手術・入院は嫌です。

Bは、貧血気味なので、倒れたら大変。骨折&再手術です。Aと同様もう嫌です。

Cは、病院食は野菜多めで少なかったです。これくらいで健康維持できるんだという知識。「あの量で十分なんだ・・・。」

Dは、このようにするとコルセットがすぐきつくなってきてお腹いっぱいになった気がします。





Copyright © 2016 記憶のスケッチブックdiary All Rights Reserved.